南アの違法採掘による死者、過去最多に-鉱山業界専門の救助会社

  • 廃棄された鉱山で発見された遺体は今年に入って24体に
  • 同社が発見しているのは死者全体の10%にすぎないと推計

南アフリカ共和国での金の違法採掘の状況が悪化しているとの見方を、鉱山業界専門の救助会社マインズ・レスキュー・サービシズが示した。同社が今年、廃棄された鉱山から発見した遺体は過去最多に上ったという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。