サウジ石油相:イランと妥協の余地あると示唆-合意はOPEC総会か

  • IEAが原油市況悪化を予想する中、アルジェで非公式会合へ
  • 各国の生産目標設定についての協議は約2年ぶり

サウジアラビアはイランと妥協する用意ができていることをこれまでで最も強く示唆しており、2年ぶりとなる原油生産制限への道筋につながる可能性がある。ただ、11月に開かれる石油輸出国機構(OPEC)総会までは合意に至る公算は小さい。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。