ドイツ銀CEO:公的支援は「論外」、独首相に支援求めず-ビルト紙

  • 資本調達は「現時点で問題ではない」とクライアンCEO
  • 顧客の要望に応じてロンドンの人員をフランクフルトなどに移転も

ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は、資本増強の必要性を投資家が懸念する中で、メルケル独首相に支援を求めたことはないと言明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。