ヘッジファンド投資など裏目に-トリニティ・カレッジ基金マイナスに

  • インベスチュアの顧客であるトリニティとディキンソンの成績が低迷
  • 10億ドル超の大学寄付基金のうち10校余りの運用成績がマイナスに

インベスチュアが運用を手掛ける米トリニティ・カレッジの寄付基金は、2016年度(15年7月-16年6月)の運用成績がマイナス5.4%だったと発表した。株式やヘッジファンド、プライベートエクイティ(PE、未公開株)への投資がリターン低下につながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。