鉄鋼各社が値上げへ、原料炭急騰で-価格転嫁浸透には懐疑的な見方も

  • 原料炭価格は8月初めの水準の2倍に-1トン=200ドル超
  • 価格転嫁が容易に進む環境ではない-ゴールドマン中村氏

国内鉄鋼各社は、10ー12月期の原料炭の契約価格交渉が大幅な上昇で決着する可能性が高まっていることから、原料調達コスト急増を織り込んだ鋼材価格の値上げに踏み切る意向だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。