中国ベージュブック:7-9月は旧来の業種主導で成長-安定の代償か

  • 「ニューエコノミー」の代表格である小売りやサービス、運輸が鈍化
  • 四半期分の安定を実現する高い代償となっているようだ-CBB

中国では7-9月(第3四半期)に個人消費主導の経済成長への転換に逆行する動きが見られた。米調査グループ、CBBインターナショナルのチャイナ・ベージュブックが明らかにした。7-9月は旧来型の業種だけが成長のけん引役を担った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。