日本株は反落、円高警戒と権利落ち、日銀不信も-金融や輸出広く安い

更新日時
  • 9月末接近で業績動向への影響懸念も
  • 日経平均の権利落ち分はブルームバーグ・データで約119円

28日の東京株式相場は反落。為替の円高止まりで企業決算への影響が警戒された上、9月末の配当権利落ちも響いた。証券や保険、銀行など金融株、輸送用機器や海運、陸運など幅広い業種が安く、特に金融セクターの下げには欧州金融機関の財務懸念、日本銀行の政策不信もくすぶった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。