米国株:上昇、クリントン氏優勢も原油安でエネルギー株下落

更新日時

27日の米国株は上昇。この日は原油が下落しエネルギー株が売られた。前日の米大統領候補ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ両氏によるテレビ討論会ではクリントン氏が優勢と市場は受け止めたが、株式相場には原油安や銀行不安など、他の要素が影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。