NY外為:円が下げを埋める、注目は討論会から欧州の銀行に

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場では円が下げを埋める展開。売りが先行したものの、欧州株の上値が重い上、ドイツ銀行が過去最安値をさらに更新したため買いが入った。

  円の相対的な安全性に対する需要が再び強まったことは、アジア市場で見られた米大統領選の候補者テレビ討論会の影響が欧州市場で続かなかったことを示している。欧州大陸の銀行セクターの健全性や米司法省による独フォルクスワーゲン(VW)への罰金をめぐる懸念が再燃し、円は下げ幅を縮小した。

  CNNとORCの世論調査によると、第1回テレビ討論会の視聴者の62%がクリントン氏が勝利したと回答。トランプ氏が勝利との答えは27%だった。これを受け、円は1カ月ぶり高値から下落した。アバディーン・アセット・マネジメントはトランプ氏が勝利した場合、高利回り資産が打撃を受けると指摘。BKアセット・マネジメントはトランプ氏が勝てば円を買うべきだと述べた。

第1回テレビ討論会

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  三菱東京UFJ銀行の外為ストラテジスト、リー・ハードマン氏(ロンドン在勤)は「欧州の銀行の健全性をめぐって懸念があり、円のリスクは上振れ方向に傾いている。米大統領選討論会の結果がどう受け止められようと、世論調査が拮抗(きっこう)したままだと市場はさらに神経質になるだろう」と指摘した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比ほぼ変わらずの1ドル=100円43銭。ユーロは対ドルで0.4%安の1ユーロ=1.1215ドル。

  米大統領選挙の結果を反映するとされているメキシコ・ペソはドルに対して一時2.2%上昇。主要31通貨の中で上昇率首位となった。討論会前は1ドル=19.9333ペソと過去最安値を記録していた。

原題:Yen Erases Drop as Traders Switch Focus to Europe’s Banking Woes(抜粋)

(第3段落と第6段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE