米国債:続伸、金融緩和維持期待でボラティリティは14年来低水準

更新日時

接戦が予想されている米大統領選挙やドイツ銀行の財務健全性をめぐる懸念も、金融当局の緩和政策で落ち着きを維持している国債市場を動揺させるには不十分なようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。