FRB副議長:労働市場の改善が賃金上昇に波及しつつある

更新日時
  • 低金利が後押しした労働市場改善の成果が表れ始めている
  • 理論上ではゼロ金利は好ましくないが、過度には上げたくない

米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、低金利が米労働市場の改善を後押しし、賃金上昇に波及しつつあるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。