ゴールドマンの東南アジア責任者、スミス氏が退社の意向-関係者

ゴールドマン・サックス・グループの東南アジア責任者を務めるマイケル・スミス氏が10年間在籍した同社を去る計画だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。