利回り曲線コントロール、日銀は明確な説明を-フェルドマン氏

  • 日銀の政策シフトの影響、市場はいまだに手探り状態
  • 日銀は10年物国債の利回り0付近を目指す-量から利回りにシフト

モルガン・スタンレーMUFG証券のチーフエコノミスト、ロバート・フェルドマン氏は、日本銀行が打ち出した国債利回り曲線をコントロールする新たな政策基軸について、次に取る政策ステップに関する明確な説明が求められていると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。