マイナス金利が機能するのはスイスのような小国-クレディCEO

スイス2位の銀行、クレディ・スイス・グループのティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は、同国のケースはマイナス金利が経済規模の小さい国で奏功することを示していると指摘した。

  こうしたコメントはイングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁による先月の発言に同調するもので、ティアムCEOはこうした政策手段を「あまり支持していない」とも述べた。ユーロ圏のほか、デンマーク、スウェーデンの当局もマイナス金利を導入している。

  同CEOは27日のロンドンでの会議で、マイナス金利は「小国で機能する」とし、「これが本当に極めて強く弁護したい主張だ」と語った。2015年1月にスイス国立銀行は、通貨フランの投資妙味を減らすため預金金利をマイナス0.75%に設定した。

スイスのチューリヒ市内

Photographer: Alessandro Della Bella/Bloomberg

  スイスではマイナス金利が導入されて以来、各行が預金金利への支払い相殺を目指すなかで住宅ローン金利は上昇。一部では金融機関にマイナス金利を適用する動きもある。これまでのところ個人顧客は総じて影響を受けていない。

  欧州中央銀行(ECB)と異なり、イングランド銀は政策金利をゼロを下回る水準にしないことを選択し、カーニー総裁はマイナス金利が同国の金融システムならびに預金者に悪影響を及ぼすと述べている。これとは対称的に、デンマークでは銀行協会の幹部は、銀行が見込んでいたほど政策は影響を与えてない可能性を指摘している。

原題:Negative Rates Can Work in Small Economy, Credit Suisse CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE