BofAメリルに罰金12.6億円、小型フラッシュクラッシュ招いた責任

更新日時
  • SECが科す市場乱用の罰金では過去最大
  • 内部統制弱く、一部銘柄を99%下落させたことも

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のメリルリンチ部門は米証券取引委員会(SEC)が求めた1250万ドル(約12億6000万円)の支払いに合意した。同部門は内部統制が脆弱(ぜいじゃく)で複数の市場に多数の注文を出し、小型のフラッシュクラッシュを頻発させたとして非難されていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。