中国の大連万達、ゴールデングローブ賞の米制作会社と買収交渉

中国の大連万達集団は、ゴールデングローブ賞授賞式などの番組を制作する米国の非上場企業ディック・クラーク・プロダクションズの買収に向けて交渉中だ。万達を率いる資産家の王健林氏はハリウッドでの影響力拡大を図っている。

  ディック・クラークを傘下に置くエルドリッジ・インダストリーズが26日の電子メールで、万達と独占交渉を行っていると発表した。エルドリッジと万達は共に買収額についてコメントを控えているが、ハリウッド・リポーター誌はディック・クラークの価値を約10億ドル(約1000億円)と評価する交渉となっていると報じた。

原題:Billionaire Wang in Talks to Buy Producer of Golden Globe Awards(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE