浜田内閣参与:円高は日銀政策の阻害要因、追加緩和の効果不十分に

  • 財務省は急激な円高に為替介入すべきだ、外債購入も選択肢-浜田氏
  • 物価目標はエネルギー除く日銀版コアCPIにすべきだ-浜田氏

浜田宏一内閣官房参与は円高は日本経済に悪影響を与え、日本銀行が追加緩和をしたとしても効果が十分に発揮されないとの見解を示した。27日、英語による電話インタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。