挑発に乗ったトランプ氏、クリントン氏に軍配-核ボタン任せられない

  • トランプ氏はほぼ毎回、クリントン氏の挑発に引っかかったと専門家
  • クリントン氏は民主党党大会で使った印象的なフレーズを繰り返した

ドナルド・トランプ氏がしなければならないのは挑発に乗らないことだった。

  しかし26日に行われた第1回の大統領候補同士によるテレビ討論で、ヒラリー・クリントン氏は何度もトランプ氏をいら立たせるのに成功した。

  晴れやかに、にこやかに、クリントン氏はうなり声やうめき声、横やりの間を縫って、納税申告書の非公開やオバマ大統領の出生地についての発言を突きトランプ氏を追い詰めた。

討論会でのトランプ氏

.

  ペンシルベニア大学の政治コミュニケーション専門家カスリーン・ホール・ジェーミーソン氏は「トランプ氏はほぼ毎回、クリントン氏の挑発に引っかかった」と話した。

  討論開始時点には比較的おとなしかったトランプ氏だが、何度も攻撃されるうちに機嫌が悪くなり、終わりの方では「ひどい」「ばか」「最悪」などのネガティブ表現を最初のころの約1.5倍使った。クオンティファイド・コミュニケーションズと行ったブルームバーグ・ポリティクスの分析が示した。

  ある時点でクリントン氏は7月の民主党党大会で使った印象的なフレーズを繰り返した。「ツイッターで怒らせることができる人間に核ボタンは任せられない」。トランプ氏は「ちょっと古いんじゃないか」と口を挟んだが、クリントン氏は、古くても「言い得て妙」で「問題の本質を言い当てている」と切り返した。

原題:Clinton Excels in Debate by Laying Traps on Trump’s Temperament(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE