IMF、貿易の影響受けた労働者への支援を呼び掛け-保護主義抑制で

  • 世界貿易の伸びは過去30年のペースに比べ緩慢
  • 低成長だけでなく保護主義の台頭も貿易不振の要因

国際通貨基金(IMF)は27日公表した報告書で、世界貿易に打撃を与える保護主義の流れを後退させるには、離職した労働者の不満を和らげることが重要になると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。