新興国市場ETFへの資金流入が減少、政治的リスク懸念で-チャート

  新興市場株に投資する上場投資信託(ETF)としては最大の「バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF」への資金流入が大幅に鈍化している。23日までの5日間の流入額は5万ドル(約500万円)。その前の3週間で11億ドルに達していた。トルコやフィリピンなどの政治的リスクへの懸念が、米金融当局の利上げペースが鈍化するとの楽観的見方を相殺した。過去4回の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれた週には、同ファンドへは少なくとも140万ドルが流入していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。