香港株:反発、米討論会でクリントン氏優勢との見方-カジノ株高い

更新日時
  • 中国本土での来週の大型連休を控え、サンズ・チャイナが値上がり
  • ハンセン指数は1.1%高、H株は1.2%高-上海総合は0.6%高

27日の香港株式相場は反発。米大統領選の民主、共和両党候補による第1回テレビ討論会で、民主党ヒラリー・クリントン氏が優勢だったとの見方が投資家の間に広がった。カジノ銘柄と銀行株が上げを主導した。ハンセン指数は前日、2週間ぶりの大幅な下げを記録していた。

  ハンセン指数は米株価指数先物とメキシコ通貨ペソと共に値上がりし、前日比1.1%高の23571.90で終了した。

  中国本土での来週の大型連休を控え、サンズ・チャイナ(金沙中国、1928 HK)は約1カ月ぶりの安値から反発した。ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団、27 HK)は1.6%高。中国工商銀行(1398 HK)は銀行株の上げをけん引。

  京華山一国際の調査責任者キャスター・パン氏(香港在勤)は、「投資家はトランプ氏よりクリントン氏を好意的にみており、今のところは依然として米大統領選の結果に楽観的だ」と分析。「相場は前日の下げから反発しているが、その勢いは強くない」とも述べた。

  香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.2%高で終了。本土市場の上海総合指数は下げを消し、0.6%高で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Climb After One-Day Selloff as Casinos Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE