ウォール街、アジアの人員削減続く-ゴールドマンやBofAが新たに

  • ゴールドマンは日本除くアジア投資銀で約25%削減計画と関係者
  • BofAは法人・投資銀事業で上級職十数人を減らす計画と関係者

中国企業が繰り広げる買収劇が記録的な規模へと急増しても、投資銀行にかかるアジアでのコスト削減圧力を和らげるには十分でない。ゴールドマン・サックス・グループとバンク・オブ・アメリカ(BofA)も他行に続き、同地域での人員削減を準備していることが分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。