米ウェルズ・ファーゴ、新たな欧州部門の設立検討-英EU離脱に備え

  • フランクフルトやパリ、アムステルダムが選択肢-EMEA責任者
  • 英EU離脱でもロンドンに拠点を維持する方針

米銀ウェルズ・ファーゴは英国の正式な欧州連合(EU)離脱手続きの開始を待たずに、事業への影響を和らげる対策を講じる方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。