円全面安、米討論会でクリントン氏優勢との見方-メキシコ・ペソ急伸

更新日時
  • 対ドルで100円09銭と8月26日以来の高値付けた後、100円99銭に下落
  • クリントン氏、冷静に受け流してやや優勢の印象-IG証

27日の東京外国為替市場では円が全面安。米大統領候補による討論会で民主党のヒラリー・クリントン氏が優勢だったとの見方から米株先物や日本株が上昇し、円売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。