LMEニッケル:下落、フィリピンからの供給めぐる懸念後退

26日のロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場は下落。先週は週間ベースで約3カ月ぶりの大幅高となっていた。シティグループが10-12月(第4四半期)の値下がりを予想し、フィリピンの供給混乱の影響はおそらく「大したことはない」との見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。