NY原油(26日):急反発、サウジ減産姿勢で将来のOPEC合意期待

26日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反発。サウジアラビアが減産の構えを示し、アルジェで今週開催される産油国会合では合意が見込めなくても、将来の石油輸出国機構(OPEC)合意へのドアを開けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。