NY金:小じっかり、ボラティリティが低下-米金利見通し見極めで

26日のニューヨーク金相場は小じっかり。米連邦公開市場委員会(FOMC)が先週の定例会合で政策金利を据え置いた影響を見極めようと、取引は手控えられている。トレーダーの関心は28日にドイツ連邦議会の委員会で予定されているドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁との非公開会合、同日に米下院委員会で行われるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の証言に向かっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。