9月26日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円上昇、米討論会控え-欧州銀行業界の懸念も買い材料

  26日のニューヨーク外国為替市場では円が主要通貨の全てに対して上昇。ドイツ銀行の影響で欧州の銀行業界に対する懸念が再燃し、円買いが入った。米大統領選に向けたヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ両候補による討論会を控えていることも、安全な逃避先を求める需要が円に集まった理由。

  円は主要10カ国通貨の中ではポンドに対して最も上げた。英国民投票での欧州連合(EU)離脱決定を受け、最高経営責任者(CEO)の75%余りが本社もしくは事業所の英国外への移転を検討していることが、KPMGが実施した調査で明らかになった。ブルームバーグ・ポリティクスが実施した最新の世論調査によると、トランプ氏とクリントン氏の支持率はきっ抗しており、大統領選挙をめぐる先行きが不透明になっている。

  日本が経常黒字国であることから円は安全な逃避先としてみなされている。来年に総選挙を控えているメルケル独首相がドイツ銀への政府支援の可能性を否定していると報じられ、ドイツ銀は過去最安値を更新した。日本銀行についてはインフレ促進策が尽きかけているとの見方が引き続き強まっている。

  トロント・ドミニオン銀行の通貨戦略の欧州責任者、ネッド・ランペルティン氏(ロンドン在勤)は「外為市場は今週、慎重な姿勢で始まった。銀行業界や英国のEU離脱をめぐる問題が引き続き欧州のリスクを意識させている一方、26日夜の米大統領選討論会が主な注目材料となっている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで3営業日ぶりに上げ、前週末比0.7%高の1ドル=100円33銭。対ポンドでは0.6%上昇した。ユーロに対しては0.4%上昇し1ユーロ=112円91銭。ユーロは対ドルで0.3%高の1ユーロ=1.1254ドル。

  過去5年間の通貨市場のポジションを比較するBNPパリバのG10相対外為データによれば、過去1週間にわたり先進国通貨に対する円に強気な持ち高が増えた。

  BNPの外為ストラテジスト、サム・リントンブラウン氏は「リスクオフのヘッジとして、市場は年初に円買い持ちに変わった」と指摘した。

  米大統領選の両候補は貿易や移民、外交など多くの分野で意見が対立。オバマ政権で国務長官を務めたクリントン氏は現政権の継続性を示す可能性が高い。一方、不動産開発業者でテレビ番組で司会者を務めたこともあるトランプ氏は従来型の候補とは違うイメージを打ち出したほか、現大統領を激しく批判している。

  スイスクオート・バンクの市場戦略責任者、ピーター・ローゼンストライヒ氏は「市場は米大統領選をリスクとしては無視してきたが、新たな世論調査の結果と今晩の討論会をめぐる不透明感から神経質になっている」と語った。
原題:Yen Rises as U.S. Politics Collide With Brexit and Deutsche Bank(抜粋)  

◎米国株:下落、金融株が安い-ドイツ銀への売りが飛び火

  26日の米国株は下落。ドイツ銀行への売り浴びせが米金融株に飛び火した。
  
  S&P500種株価指数は前営業日比0.9%安の2146.10。ダウ工業株30種平均は166.62 ドル(0.9%)下げて18094.83ドル。

  ウェドブッシュ・セキュリティーズ(ロサンゼルス)の株式トレーディング担当マネジングディレクター、マイケル・ジェームズ氏は「ドイツ銀やウェルズ・ファーゴで起きていることを考えると、金融銘柄は全般的に今後も下げるだろう。株式相場全体への向かい風となって上昇が妨げられる恐れがある」と述べた。

  連邦公開市場委員会(FOMC)が先週、政策金利の据え置きを決定し、投資家の関心は米大統領選候補者によるテレビ討論会に集中している。ブルームバーグ・ポリティクスが行った最新の世論調査によると、民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏の支持率は拮抗(きっこう)している。8月にはクリントン氏がトランプ氏を6ポイントリードしていた。トランプ氏が勝利した場合、株価は下落するとシティグループのアナリストらは先月の時点で分析している。

  ウェドブッシュのジェームズ氏は「今週は大きなイベントがないことから、大統領候補者による討論会は27日やその後の相場に大きく影響を及ぼす可能性がある」と述べた。

  S&P500種に採用されている銀行株はほぼ3カ月ぶりの大幅下落。バンク・オブ・アメリカ(BofA)、シティグループはいずれも大きく下げた。CBOEボラティリティ指数は18%上昇した。

  ドイツ銀は米国での取引で7.1%下落。同行は住宅ローン担保証券(RMBS)をめぐる米司法省の調査を決着させるため140億ドルの支払いを迫られる恐れがあり、増資が必要になるとの懸念が浮上している。フォークス誌がドイツ政府は支援の可能性を否定したと報じたことも、不安を高めた。

  ファイザーは1.8%安。同社は会社を2分割する戦略に見切りを付けた。証券取引所運営のBATSグローバル・マーケッツは4.6%安。シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEホールディングスはBATSを約32億ドルで買収することで同社と合意した。

  朝方発表された8月の新築住宅販売は前月比で減少した。今週は耐久財受注や個人所得・支出などが発表される。
原題:Shorts Waded Into Financials Just in Time for Deutsche Bank Rout(抜粋)  

◎米国債:上昇、米大統領候補者の討論会控え安全需要強まる

  26日の米国債相場は上昇。10年債利回りは約2週ぶり低水準となった。同日夜の米大統領候補者によるテレビ討論会を控え、世界的に安全資産を求める動きが強まった。

  ブルームバーグ・ポリティクスが有権者を対象に行った最新の世論調査によると、討論会前における民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏の支持率は同率だった。世界的に株価が下落したことも米国債への逃避需要につながった。ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行の株価は過去最安値を更新し、欧州金融セクターの健全性に対する懸念が再び強まった。

  米資産運用会社ルーミス・セイレスのダン・ファス副会長はブルームバーグテレビジョンでのインタビューで、「市場では極めて大きな不安要素があり、米国外の市場で見られる」とし、「米大統領選の展開をめぐって投資家はヘッジしている。大統領選は懸念材料だ」と続けた。

  ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前週末比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.58%。終値として9月7日以来の低水準。同年債(表面利率1.5%、2026年8月償還)価格は99 7/32。

  ブルームバーグの指数によれば、米国債の年初来リターンは5%。世界的な景気低迷や英国の欧州連合(EU)離脱の余波などをめぐる懸念から安全資産を求める動きが広がった。

  ブルームバーグがまとめた金利先物のデータによれば、ほとんどの投資家は当局が利上げを少なくとも11月8日の大統領選後まで待つとみている。同月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利上げ確率は約17%にとどまっている。年末までの確率は約50%。この算出は、利上げ後の実効フェデラルファンド(FF)金利が新たな政策金利レンジの中央値になるとの仮定に基づいている。

  米財務省がこの日実施した2年債入札(発行額260億ドル)では、投資家の需要を測る指標の応札倍率が前回から低下した。今週はこの2年債を含め、発行総額880億ドルの国債入札が行われる。
原題:Fuss Sees ‘Fear Factor’ Abroad as Haven Demand Boosts Treasuries(抜粋)

◎NY金:小じっかり、ボラティリティが低下-米金利見通し見極めで

  26日のニューヨーク金相場は小じっかり。米連邦公開市場委員会(FOMC)が先週の定例会合で政策金利を据え置いた影響を見極めようと、取引は手控えられている。トレーダーの関心は28日にドイツ連邦議会の委員会で予定されているドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁との非公開会合、同日に米下院委員会で行われるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の証言に向かっている。

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジスト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで「政策決定会合を通過した現在、金相場は12月会合まで恐らく大きな変動にはならないだろう」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前週末比0.2%高い1オンス=1344.10ドルで終了。先週は週間ベースで2.4%上げていた。

  銀先物12月限は前週末比1.1%下げて19.596ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムも値下がりした。
原題:Gold Volatility Sags to 2-Year Low as Traders Assess Fed Outlook(抜粋)

◎NY原油:急反発、サウジ減産姿勢で将来のOPEC合意期待

  26日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反発。サウジアラビアが減産の構えを示し、アルジェで今週開催される産油国会合では合意が見込めなくても、将来の石油輸出国機構(OPEC)合意へのドアを開けた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの商品市場戦略責任者、フランシスコ・ブランチ氏(ニューヨーク在勤)はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「OPECがまとまりつつあることは明るい材料だ」と発言。「意見をまとめて何らかの行動に出るのはサウジにとっても、他の加盟国にとってもプラスだ」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前営業日比1.45ドル(3.26%)高い1バレル=45.93ドルで終了。ロンドンICEのブレント11月限は1.46ドル(3.2%)上昇の47.35ドル。
原題:Oil Climbs as Saudi Arabian Offer Opens Door to Future OPEC Deal(抜粋)

◎欧州株:7月上旬以来の大幅安-ドイツ銀は最安値を更新

  26日の欧州株式相場は下落し、指標のストックス欧州600指数は7月上旬以来の大幅安となった。銀行株の急落で、先週の株価上昇を支えていた楽観が後退した。
  
  財務状況に対する懸念の高まりからドイツ銀行が上場来安値を更新し、他行も値下がり。銀行銘柄の株価純資産倍率(PBR)は0.66倍と、ストックス600指数の業種別指数の中で最も低く、ストックス600指数と比較した水準はこれまでの最低に接近した。

  ストックス600指数は前週末比1.6%安の340.00で終了。先週の上げ幅の約3分の2を失った。銀行銘柄は約1カ月ぶりの安値水準となった。ユーロ圏の株価下落に備えたオプション費用に連動するVストックス指数は1月以来の大幅上昇。先週は2014年以来の低水準だった。

  ランプ・アセット・マネジメント(デュッセルドルフ)のシニア株式マネジャー、ミヒャエル・ボイシュネック氏は「ドイツ銀をめぐる劇的な出来事で欧州の金融セクターが再び注目の的となっている。資本市場で大きく活動する他行の状況にも疑問が生じている。大きな政治イベントを伴う四半期に突入しつつあり、ボラティリティが高くなるだろう」と語った。

  ドイツ銀は7.5%安の急落。総選挙を来年に控え、メルケル首相が同行に対する政府支援の可能性を排除したと報じられたことが売りを誘った。ウニクレディトとアイルランド銀行、BNPパリバなども大きく下げた。

  西欧の主要株価指数の中で、ドイツとフランス、イタリアの指数の下げが目立った。英FTSE100指数は1.3%低下した。

  ストックス600指数の中で上昇したのはわずか35銘柄。特殊化学品メーカーの独ランクセスは8.1%値上がり。米ケムチュラを現金約21億ドルで買収することに合意し、好感された。
原題:Lenders Drag Down Europe Stocks as Deutsche Bank Sinks to Record(抜粋)

◎欧州債:スペイン債上昇-ブラックロックが高利回り債に価値見いだす

  26日の欧州債市場ではスペイン国債が上昇。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が異例の緩和策の擁護を強める中、世界最大の資産運用会社、米ブラックロックは域内の高利回り国債が持ち直すと見込んでいる。

  ポルトガルに対する唯一の投資適格級の格付けが10月21日に見直されるほか、イタリアはレンツィ首相の進退が問われる政治改革法案の国民投票を12月4日に行うと発表した。ブラックロックは「短期的なリスク」と「政治の騒々しさ」をECBの政策が打ち消すだろうとみている。ドラギ総裁はこの日、ブリュッセルの欧州議会での証言で、必要と見なす限り金融緩和を継続するとの意思をあらためて表明した。

  域内で最高格付けを持つ国債の利回りがゼロ付近またはこれを下回る水準にある中、代替投資先を求める動きが周辺国国債を支えているとブラックロックは指摘。ECBは今月の会合で速やかな緩和拡大実施を示唆しなかったことで市場に失望感が広がったものの、月額800億ユーロの資産購入を続けている。

  同社のグローバル国債ストラテジスト、マリリン・ワトソン氏は、イタリア国債を安心して保有できるとし、目先のボラティリティをいとわない向きにはポルトガル債やギリシャ債すら価値があると語った。

  同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューにロンドンで応じ、「向こう数カ月間には数多くの短期的なリスクがあり、政治は極めて騒々しくなるが、中期的に欧州の周辺国債には引き続き投資妙味があるとみなしている。スプレッド縮小は続くだろう」と述べた。中核国の国債利回りが「ゼロまたはマイナス」となる展開では、「ボラティリティを受け入れる構えがあれば」、比較的格付けの低い国債が価値をもたらすと付け加えた。

  ロンドン時間午後3時58分現在、スペイン10年債利回りは前週末比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.92%。一時は0.99%まで上げ、21日以来の高水準となった。同国債(表面利率1.95%、2026年4月償還)価格は0.47上げ109.43。

  ドラギ総裁は28日にドイツ議員との非公開会合で証言する。ここでは景気支援とインフレ押し上げで必要な場合、ECBは追加措置を講じる準備があるとの姿勢を示し、投資家らを安心させようとする可能性がある。

  欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.11%。スペイン国債との利回り格差(スプレッド)は103bpに縮小した。一時は12日以降で最大となる109bpに広がっていた。イタリア10年債利回りも3bp低下の1.19%。ドイツ国債に対するスプレッドは130bp。
原題:BlackRock Ties Wager on Periphery Bonds to ECB Buffering Turmoil(抜粋)
原題:ITALY TO HOLD REFERENDUM ON SENATE REFORM DEC. 4(抜粋)

(NY外為、米国株を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE