日銀総裁:にわかに大きく増えたり減ったりすることない-国債購入

日本銀行の黒田東彦総裁は26日、大阪市内での講演後の記者会見で、新たに導入した「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みの下での国債買い入れペースについて、急激に増減する可能性があるとは思わないとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。