独Ifo景況感が9月に改善、14年以来の高水準-景気懸念が後退

更新日時

ドイツのIfo経済研究所がまとめた9月の独企業景況感指数は予想以上に改善が進み、約2年ぶりの高水準に達した。国内景気の見通しや英国の欧州連合(EU)離脱選択の影響への懸念が和らいだことが示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。