日銀総裁:マイナス金利深掘りと長期金利の引き下げが中心-緩和手段

  • 資産買い入れも「引き続き選択肢」、状況次第で量の拡大も
  • 長期国債買いいれ減額しても「政策的な意味合いを有さない」

日本銀行は黒田東彦総裁は26日午後、大阪市内で講演し、今後の具体的な追加緩和の手段として、マイナス金利の深掘りと長期金利操作目標の引き下げが「中心的な手段」になるとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。