アジア株、2週間ぶり大幅安-OPEC非公式会合の結果待ち

26日のアジア株式相場は下落し、このままいけば2週間ぶりの大幅安となる。投資家は原油の供給抑制や価格下支えについての手掛かりを求め、今週の石油輸出国機構(OPEC)非公式会合の結果を待っている。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後1時39分現在、前週末比0.8%安の140.87。このまま推移すれば12日以来の大幅な下げとなる。世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、アルジェで開催される会合を意見交換の場と位置づけ、確固とした決定に至る公算は小さいとの見解を示した。一方、アルジェリアのエネルギー相は、サウジが自国の生産量を1月の水準まで削減すると提案したことを明らかにした。

原題:Asian Stocks Decline as Investors Await OPEC Meeting Outcome(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE