中国中銀の資金吸収、約半年ぶり大きさ-レバレッジ抑制観測広がる

  • 人民銀は26日、金融システムから差し引き2450億元を吸収
  • レバレッジを抑える意図は明らかだと東莞銀アナリスト

中国人民銀行(中央銀行)は26日、金融システムから約半年ぶりとなる規模で資金を吸収した。過度のレバレッジを抑える取り組みの一環として厳格に流動性供給を管理しているとの観測が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。