米ウェルズ・ファーゴへの圧力強まる-退職基金も経営陣交代求める

米銀ウェルズ・ファーゴの経営陣交代を求める圧力が一段と強まっている。同行は顧客に無断で口座を開設したとされる問題で、米当局への制裁金支払いに合意している。

  CtWインベストメント・グループは23日、2000億ドル(約20兆円)余りを運用する退職基金のグループを代表し、ウェルズ・ファーゴの首席取締役に新たな取締役を指名し、役員報酬を返還させるよう求めた。

  ウェルズ・ファーゴの不祥事発覚を受け、連邦議員や労働界から上級幹部の責任を追及する声が出ている。 ウェルズ・ファーゴの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Wells Fargo Urged by Pension Fund to Alter Board, Recoup Pay (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE