鉄鉱石の二大輸出国からの供給、計2億トン増加か-20年末にかけ

  • ブラジルと豪州の生産は増加する見通し:シティ
  • 利益薄い鉱山会社は減産余儀なくされる見込み

世界の鉄鉱石の二大輸出国であるオーストラリアとブラジルからの供給が2020年末にかけそれぞれ約1億トン増加し、世界の供給過剰が増えるとともに価格を圧迫し、利益がほとんど出ない鉱山会社は減産を余儀なくされるとの見通しを、シティグループが示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。