サウジ通貨庁、銀行システムに5400億円注入へ-流動性逼迫に対処

  • 定期預金の形で約200億リヤルを金融機関に提供すると発表
  • 期間7日と28日のレポ取引も導入

サウジアラビア通貨庁(SAMA)は、原油安の影響への対応に取り組んでいる国内金融機関への支援を強化する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。