銀行資本規制めぐり欧米が対立-EUは「資本フロア」導入に反対

  • バーゼル規制で欧米の立場が逆転したようだとラバリンク准教授
  • 「バーゼル3」めぐる作業、年内完了目指し継続中

世界的な銀行資本規定の改定をめぐって欧州連合(EU)と米国の対立が強まっており、EU側は主要項目の1つである「資本フロア」の導入取りやめを求めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。