米大統領選:不人気候補同士の接戦続く、バージニア州では差縮まる

  • コロラド州では1ポイント差でクリントン氏リード-CBS調査
  • 両候補とも苦渋の選択による支持がかなりの割合占めるとCBS

米大統領選の民主、共和党候補が直接対決する1回目のテレビ討論会を26日夜に控え、週末に公表された世論調査は一部激戦州でつばぜり合いが続いていることを示した。ただ両候補とも有権者から「リスクが高く」「恐ろしい」とみられており、不人気候補同士の争いとなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。