ドル・円は100円後半、原油安や株安が重し-米大統領候補討論会に注目

更新日時
  • 「ドル・円のトレンドはまだ下向きだ」-みずほ証券
  • 条件そろえば、ドル99円台半ばぐらいまで落ちる可能性との見方も

26日の東京外国為替市場で ドル・円相場は1ドル=100円台後半を中心に上値の重い展開。先週末の原油価格の大幅下落や世界的な株安を受けたリスクセンチメントの悪化が重しとなった。半面、日本時間27日午前に開かれる米大統領候補者の討論会を控えて、全般的に様子見姿勢も強かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。