GPIFや3共済:日本株と外国証券保有額が1年半ぶり低水準-6月末

  • 国債・財融債は12四半期連続の売り越し
  • 1-3月期の国内株の買い越しは大幅上方修正

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や公務員らが加入する共済年金の保有する日本株と外国証券の保有額が6月末に2014年末以来の低水準になった。国内株安や円高が影響した。日本銀行が26日公表した4-6月期資金循環統計で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。