米国債市場の最大の買い手が異例のペースで売り、相場の転換点か

更新日時
  • 海外中銀は米国債保有を3四半期連続で縮小
  • 低利回り環境の終わりに近づいていることを意味-M&G

米国債市場の需要の源泉として、最も頼りになる存在の一つだった外国の中央銀行がこのところ、投資家にとって新たな不安要因になりつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。