米ゴールドマン、アジア投資銀業務の人員25%削減へ-関係者

  • 年内に日本を除くアジアで約75人削減する計画
  • アジアの株式発行業務のランキング、ゴールドマンは11位に後退

ゴールドマン・サックス・グループは、日本を除くアジアの投資銀行業務の人員を約25%削減することを計画している。事情に詳しい関係者1人が明らかにしたもので、同地域での取引の低迷が理由という。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。