ロシアの中国向け原油輸出が増加、日本と韓国向けは減少-チャート

  ロシアの中国向け原油輸出が今年過去最高に達する見通しである一方、日本と韓国向けは減少している。中国政府は昨年、「ティーポット」と呼ばれる民間石油精製会社が国外産原油を購入することを許可した。これにより、ロシアのコズミノ港から中国・青島に向けたシベリア産原油の輸出が増えた。ティーポットは通常、青島で原油を受け取る。一方、これまでシベリア産原油を多く購入していた日本と韓国の輸入が減少に転じている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。