安倍首相:天皇の公務の在り方、国民的理解の下に議論-所信演説

  • 公務負担軽減の有識者会議は10月中旬にも初会合-政府
  • 退位の問題も含めて議論へ-菅官房長官

安倍晋三首相は26日に召集された臨時国会の所信表明演説で、天皇陛下の公務負担の在り方に関する有識者会議を設置し、「国民的な理解の下に議論を深めていく」考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。