債券上昇、日本株下落で買い圧力-日銀の新枠組みを見極めとの見方

更新日時
  • 長期金利はマイナス0.06%に低下、超長期債には売り圧力
  • 新たな金融政策での姿勢確認しながらカーブ形状固める流れ-岡三証

債券相場は上昇。日本銀行の新たな枠組み下での政策運営を見極める姿勢が根強い中、この日は日本株の下落が買い圧力につながったとの指摘が聞かれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。