サウジ、1月水準への生産削減を提案-アルジェリア・エネルギー相

  • 28日にアルジェでOPEC非公式会合が開催される
  • 石油市場は6月時点よりずっと危機的な状況-ブテルファ氏

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、自国の生産量を1月時点の水準まで削減することを提案した。今週の石油輸出国機構(OPEC)非公式会合を主催するアルジェリアのブテルファ・エネルギー相が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。