サウジ、来週のアルジェ会合で生産水準の合意は見込まず-関係者

  • 生産水準を決める場ではなく相談の機会との位置付け
  • 原油相場は急落-供給抑制の可能性が遠のいたとの観測で

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、来週アルジェで開催される主要産油国の会合について、生産水準を決定する場ではなく、相談し合う機会と位置付けている。サウジの石油政策に詳しい、石油輸出国機構(OPEC)への代表者1人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。