タカタ製エアバッグ部品、リコール後のテストで数百個が破損

  • リコールに応じていないドライバーへのリスクが浮き彫りに
  • タカタがNHTSAに義務づけられていた報告書を提出

自動車業界では過去最大規模となっているタカタ製エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題。エアバッグを膨らませる部品のインフレーター数百個が回収後のテスト中に破損するなど、タカタ製エアバッグを搭載した車を運転するドライバーがさらされるリスクの可能性が浮き彫りになっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。