NY外為(23日):円は週間ベースで上昇、7月以来の大幅高

23日のニューヨーク外国為替市場では円が週間ベースで7月以来の大幅上昇。日本銀行は今週の金融政策決定会合で、新しい枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した。日銀がこれをうまく機能させられるのか、市場では不安が広がっている。

  円は今週、1カ月ぶりの高値をつけたがゴールドマン・サックス・グループは円安見通しを崩していない。

  チャプデレーンの為替責任者、ダグラス・ボースウィック氏(ニューヨーク在勤)は円が対ドルで上昇したのは「市場参加者が期待していた政策を日銀が発表しなかったためだ」と述べ、「ドルは1ドル=100円を割るだろう。日銀は静観するだけで介入しない」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.3%安の1ドル=101円02銭。週間では1.2%高と、7月29日以来の大幅上昇。22日には100円10銭と、8月以来の100円突破に迫った。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は週間ベースで0.6%安。米連邦公開市場委員会(FOMC)は金融政策の引き締めを見送り、長期的な政策金利見通しを引き下げた。

  バークレイズ証券の門田真一郎シニア為替・債券ストラジストはドル・円は100円近辺でかなり下支えされている感あるが中期的には100円割れを予想している。同氏は市場はまだ日銀の金融政策の影響や米当局が12月に本当に利上げをするのかを見極めようとしていると話した。

  菅義偉官房長官は23日、為替の神経質な動きを憂慮し、続くなら必要な対応を取ると述べた。また、浅川雅嗣財務官は22日、過度な変動や投機的な動き望ましくないと述べ、注意を払い市場動向見極めると話した。

  ゴールドマン・サックスは円が年末までに対ドルで108円まで下げるとみている。ブルームバーグが調査した予想中央値は同104円と、今よりも3%値下がりする水準が見込まれている。

  ゴールドマンでグローバルマクロ・市場調査共同責任者を務めるフランチェスコ・ガルザレリ氏(ロンドン在勤)は顧客向けリポートで、「円の上昇は反転すると見込む」とし、その理由として「日銀の政策シフトが日本国債不足についての市場懸念に対応し、金融緩和継続の持続性と信頼性を高める」点を挙げた。さらに、「オーバーシュート型の文言も基本的にハト派シフトだ」と付け加えた。

原題:Yen Heads for Its Best Week Since July as Goldman Remains a Bear(抜粋)

(第2段落を追加し、相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE