NY外為(23日):円は週間ベースで上昇、7月以来の大幅高

23日のニューヨーク外国為替市場では円が週間ベースで7月以来の大幅上昇。日本銀行は今週の金融政策決定会合で、新しい枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した。日銀がこれをうまく機能させられるのか、市場では不安が広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。