NY原油(23日):急落、サウジがアルジェ会議「意見交換の場」と認識

23日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落し、約2カ月ぶりの大幅安。サウジアラビアの政策に詳しい当局者によると、来週アルジェで開かれる生産国協議は意見交換の場であり、生産水準をめぐる決定には至らないと同国は考えている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。